2006年02月16日

ベイスターズ始末記2005〜血風録集計結果・その4〜

ども、佐々木です。今日は「【TB企画】ベイスターズ血風録2005」の集計結果の第4弾発表です。
ていうか、まだこんなコトやってて回答者の皆様、本当にゴメンナサイです。

他の集計結果はこちら→その1 その2 その3

9.ベイスターズ以外で、今年(2005年)褒めてあげたいチーム・選手(それぞれ1チーム・1人)とその理由

〔チーム編〕
1位:マリーンズ…16票
2位:イーグルス…2票
3位:スワローズ、ホークス…各1票


→マリーンズが圧倒的な得票率で1位でした。交流戦、パ・リーグ、日本シリーズ、アジアシリーズに二軍のイースタン、ジュニア日本一の6冠という堂々たる結果と、昨年のあの盛り上がりがあったのですから文句なしでしょう。
2位以下も参入1年目で頑張ったイーグルス、ベイスターズと最後の最後までAクラスを争ったスワローズ、勝率1位ながらプレーオフに2年連続で涙を呑んだホークスと「褒めてあげたい」と言うに相応しいチームだったと思います。

〔選手編〕
1位:青木宣親(スワローズ)…4票
2位:野村謙二郎(カープ)、初芝 清(マリーンズ)…各3票
4位:西口文也(ライオンズ)…2票
5位:今岡 誠、久慈照嘉、下柳 剛(タイガース)
入来祐作(ファイターズ)、杉内俊哉(ホークス)
古田敦也(スワローズ)、前田智徳(カープ)
山崎武志(イーグルス)…各1票


→こちらは票が割れましたね。NPBには素晴らしい選手がこんなにいるんです。惜しむらく初芝神と野村選手はご引退ですが、他の方々にはベイスターズ戦以外での活躍を今年も期待しています。

10.来年(2006年)に向けて、ベイスターズに一言

これだけの熱いメッセージを頂いています。ありがとうございます
(どれが誰のコメントかはナイショ)。
存続問題を気に掛けたコメントも多数頂きましたが、とりあえず今季も何とか無事「横浜ベイスターズ」として開幕を迎えられそうです。お気遣い本当にありがとうございました。
今年もアジア凹者王者目指して、楽しい試合を期待しています。

「Aクラス争いをするのは今年だけ。来年からは優勝争いだ!!」

「今年はAクラスに入れてビックリしました
  このまま一気に優勝なんてしてみてはいかがでしょうか(笑)
  来年から札幌での主催試合がなくなるみたいですので
  交流戦ではぜひ勝つところを見せていただければ幸いです。」

「来季は飛躍の年に?そして吹き飛ばせ、合併風!」

「牛島監督の手腕によって、徐々にではありますが強いチームに変わっていけると思います。終盤でのスワローズとの対戦でも粘り腰を見せましたし、何しろ投手陣が魅力的です。今年のマリーンズの快進撃は投手が屋台骨を支えていた事を考えると、ベイスターズの浮上の可能性も高いのではないでしょうか。
来年も横浜スタジアムに足を伸ばしたいと思いますので、崎陽軒のシウマイ弁当を用意して待っててください(笑)。」

「きっと優勝戦線に加わると思います。期待しています。お手柔らかに・・。
(だから無駄に騒がせるんじゃないよ蛭ズ族の皆さん。)」

「牛島監督になって、チームがいい方向に向かってきてるんじゃないかと思います。
クルーン残ってほしいなあ。
私の中ではどうも「ササ願」で止まっちゃってて(すみません)今ひとつ印象が薄いんですけど、来年は一度ハマスタにもお邪魔したいと思っています。」

「苦難はついにシメられ去りました。来年は優勝争いを!」

「来季も「横浜ベイスターズ」としてグラウンドに立ってもらいたいです」

「タイガースが優勝できない場合は、ぜひベイスターズに!」

「来年は、お世辞抜きで優勝争いの一角になるのではないでしょうか。
金城・多村・村田・小池といった選手たちが安定した数字を残せばチャンスありですね。
あとは、投手陣の底上げでしょう。
かなり期待してます。
その分、スワローズファン的には何とか食らいついて勝ち越したい相手です。」

「親会社のゴタゴタがありますが、それに負けないよう頑張ってください」

「淡々とした回答で申し訳ございません
ある意味、来季のセリーグの台風の目になるかも??」

「来年もその先も、横浜にベイスターズという球団が残ってくれる事を強く願ってます。」

「連続最下位だったときも、スポーツニュースや阪神、巨人との試合しか見れていなかったのですが「なんでこんなに打つチームが勝てないんだろうなぁ」と思っていました。
若い世代もしっかりしてきてるようですし、来年以降もっともっと強くなりそうな、楽しみなチームに。
今年はいっぱいいっぱいでセをしっかり見ることが出来なかったのですが、来年はもうちょっと見つめてみたいと思います(来年この企画があったらしっかり回答できるようにw)

今季終盤のAクラス入り争いも面白かったですが、来年は是非「優勝争い」に噛んで欲しいものです。

あと、来年こそベイスターズからまずは1勝したい!(笑)


「全部勝て。以上。」

「今年4年ぶりのAクラスでしたが、来年は他球団も補強等で再び・・・・な事も充分考えられます。
でも打線は現状のままなら問題ないはず、ただ投手が例の二段モーションでフォームが変わって
どうなるのか・・・・それが不安といえば不安(他球団も同じなんですが)
優勝してくれ!とは思いますが、まずは勝率5割以上で優勝争いに関ってくれればと思います。
そして近いうちに横浜対日ハムの日本シリーズを・・・<あぁそれって98年に幻に終わったっけ
全然一言じゃないし(^◇^;)まぁWBCとかシーズン前にありますが
「開幕前ならどのチームでも優勝まで同じ距離ですよ。」byしなっちアシ松村女史」

「最後まで優勝争いに加わるでしょう。」

「一番近くにフランチャイズがあることもあって、セでは一番気になっているチームです。いつかベイスターズとライオンズの日本シリーズを見せてください。」

「来シーズンも、「横浜ベイスターズ」と「横浜スタジアム」で対戦するのを心から楽しみにしています!!」

「今年は、横スタに行けなかったので、来年は絶対行くぞ!まずは、石井琢郎の2000本が大きな行事ですね。
それから、正直言うと、大洋の頃からワリと好きなんで、若い力でガンバって欲しい。上でも書いたけど、日本人クリーンナップが見たい!ソレができるのは、ベイスターズだけです。」

「チームも選手もとても面白い、いい感じだと思うし、ハマスタはあんな立地のいい所にあるのに、何で観客数が少ないのかが不思議です。
かく言うわたしもハマスタは数年行ってませんが(横浜は遠いんですよ・・・)
来年は交流戦で行ってみたいですね。」


さて、集計結果の発表は以上ですが、続きあります。
それはまた別記事で。ではでは。

posted by 佐々木大悟 at 03:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 横浜ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13347386

この記事へのトラックバック

[TBP]野球好きブロガー【TB企画】2005年を振り返る
Excerpt: トラックバック・ピープルにて、2005年のプロ野球シーズンオフに野球好きブロガーの間で繰り広げられた「今季を振り返る企画...
Weblog: 脳みそのしわチャンプルー
Tracked: 2006-02-16 11:56

[TBP]野球好きブロガー【TB企画】2005年を振り返る
Excerpt: トラックバック・ピープルにて、2005年のプロ野球シーズンオフに野球好きブロガーの間で繰り広げられた「今季を振り返る企画...
Weblog: 脳みそのしわチャンプルー
Tracked: 2006-03-25 15:50