2010年06月15日

あらら、勝っちゃった。

日本 1-0 カメルーン

何はともあれ、歴史的な1勝。
代表の皆さんおめでとう。

双方とも高地でのボールの挙動に
まだ慣れきってないのかな?
というのがワタシの印象。

「空気抵抗が弱いからボールがなかなか落ちてこない」
というフレーズがTV中継でも繰り返されてます。
この試合もクロスが結果的に長すぎたというシーンが
何度も見られました。

ゴールを決めた時だって、
実は松井が上げたクロスは本気で大久保狙いだったのが
頭上を通り越してしまい、
それが結果的に囮になったんじゃないか?
なんて想像をしているわけですが。

選手のコメントが楽しみです。

ただ、それって水平方向に蹴っ飛ばしたボールの話。

真上に蹴り上げたボールが落ちてくるのは
むしろ速かったようにも見えたんだけど。

単純に「落ちない」とだけ認識していると、
次は変な罠に落ちちゃうかも?ですね。

とりあえず、3戦目を前に敗退決定
という事態を避けられただけでも、万々歳です。
posted by 佐々木大悟 at 01:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153291561
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。