2011年01月12日

対戦したという事実の記録

人事関係は落ち着いてからまた書くとして、
今日はふと気になって調べた記録のお話。

実は昨年の横浜、
「現存する全Jクラブとのリーグ戦での対戦」という記録を
北九州との開幕戦で一番乗りしていたんですね。

この記録自体は日程が進めば、
「2010年のJ2に所属するJ1経験のあるクラブ」
であれば、横浜に並ぶことができたわけです。
具体的には、
札幌・柏・千葉・東京V・甲府・福岡・大分。

さて、さらに「全クラブから勝利」となると、
福岡・東京Vの2クラブのみ。

札幌・甲府はJ1時代の戦績を考えると
J1で勝てなかった相手が残っているというのは
不思議じゃないですね。
横浜は、まぁ言わずもがな…。
千葉はとうとう山形に勝てないまま
J2に来ちゃったんですね。

昨年全勝記録のチャンスがあった降格組では、
柏が栃木に2分けで未勝利というのが意外でした。
大分もバトル・オブ・九州で苦戦して、
熊本と北九州に未勝利。

ここでフリューゲルスとの対戦成績を絡めると、
福岡が横浜Fに勝ったことってないんですね。
つまり、純粋な意味で全クラブに勝利したのは
東京Vだけということに。さすが名門。

東京Vと言えば、昨年北九州に唯一黒星を喫してもいます。
ひょっとしたら全敗記録も…?と思って調べましたが、
栃木・岐阜・新潟にはまだ無敗だったんですね。

今年は鳥取がJ2加入ということで、
J1昇格を逃した札幌・東京V・横浜・千葉・大分と
降格してきたFC東京・京都・湘南が対戦記録を更新。
東京Vと降格組には全勝記録のチャンスもあります
(ただしFC東京は横浜Fとの対戦記録なし)。

とりあえず、そういう視点で2011年の
J2を見てみるのも面白いのではないかと。

あと調べる過程で判ったのが、
横浜ってJ2発足後にJ加盟したクラブ、
新JFL出身のクラブの中では
唯一のJ1経験クラブってことになるんですよね。
現時点でも一番若いJ1クラブだったことにも。

J1でさんざん負けたとはいえ、
コレは胸を張っていいんじゃないかと。
それに胡坐をかいてちゃあダメですが。

(1月14日追記)
下記の通り修正しました。
文中の「今年」→全て「昨年」
文中の「来年」→全て「今年」
(昨年末に書いた文章だったので、1年ズレてました)
タグ:J2 横浜FC
posted by 佐々木大悟 at 21:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180370314
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック