2006年06月13日

既視感@埼スタ

worldcupsaitama.JPG
俊輔が先制点を決めた直後。
ここから後半35分過ぎまでは幸せだったんだけどね。

2006 FIFAワールドカップドイツ大会 グループリーグF組
6月12日(月)@カイザースラウテルン
オーストラリア 3(0-1)1 日本

得点:中村1(日本)、カーヒル1・2(オーストラリア)、アロイージ1(オーストラリア)


忙しさも一段落付いたので、
埼玉スタジアムのパブリックビューイングに行ってきました。
試合の中身については、ね。
1点取られると雪崩のように崩れまくる。
こういう試合って去年まで三ツ沢で何度も見たような…?
悔しいッス。

また埼スタへ足を運べるかどうかは判りませんが、
とにかく今は次のクロアチア戦に勝つことを祈るだけです。

posted by 佐々木大悟 at 01:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19196781

この記事へのトラックバック