2006年06月14日

韓国の勝利に思う。

敗戦から一夜明けて、韓国の試合がありました。

2006 FIFAワールドカップドイツ大会 グループリーグG組
6月13日(火)@FIFAワールドカップスタジアム・フランクフルト
韓国 2(0-1)1 トーゴ

得点:アブデルカデル・クバジャ1(トーゴ)、イ・チョンス1(韓国)、アン・ジョンファン1(韓国)


最後のほうをちょっとだけ見ました。
勝った韓国代表の試合終了後の姿ってのが、
喜んでハジけるっていうよりも
感無量になって噛みしめているって感じだったのが
とても印象的でしたね。

と、同時に思うのです。
韓国代表はとても謙虚な態度で
ドイツ大会に臨んでいたんじゃないかと。

前回大会こそ4位という大きな実績を残しましたが、
ホームアドバンテージのない条件下では
未だワールドカップでの勝ち星がなかった韓国代表。
それだけ自国以外での初勝利を欲していて、
かつその難しさと現実を知っていたからこそ、
リードした終盤は形振り構わずボールキープに徹して
勝ち点3にこだわったのではないでしょうか。

それは日本代表も同じだったはず。
前回はベスト16まで勝ち進みましたが、
初出場のフランス大会では
ただの勝ち点1すら取れなかったのです。
そんな実績の薄いチームが勝ち点3を得ようとするとき
もっと慎重に丁寧にゲームを進められなかったのか、と
オーストラリア戦を振り返ると思わざるを得ません。
結果論ではありますけどね。

今大会アジア勢の初勝利を挙げた韓国にはおめでとう。
そして、日本代表も決して下を向くことなく闘って欲しい。
まずは海外大会初の勝ち点1を。
それでも日本のサッカーにとっては十分大きな一歩なのだから。

ていうか、
他力本願ではありますが可能性はありますんで。
あきらめず、祈りましょうや。
posted by 佐々木大悟 at 01:21| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック