2011年06月03日

お互いに堕ちたものだねぇ

ヴェルディ戦でNHK-BS1中継ってぇと、
横浜FC創立1年目の天皇杯を思い出します。

フリューゲルス消滅の傷もまだ癒えぬあの日、
等々力の電光掲示板の「横浜F」って表示が
何とも誇らしく見えたのが嬉しかったねぇ。
試合はというと、JFLの横浜がJ1のV川崎相手に
延長までもつれ込むという熱戦の末、敗北。
あれから、もう12年以上経つのかい。

第2ステージこそ調子を落としていたものの、
当時J1で名門の名を疑う者のいなかったヴェルデイ川崎。
それが何時の間にか、J2にもすっかり馴染んでしまい、
挙句の果てに昨年は存亡の危機に直面してしまいました。

一方、消滅からの再起を賭けた1年目とはいえ
J1トップから数えりゃ27番目だった当時と比べれば、
今やカテゴリーこそJ2であるものの、
上から37番目という体たらく。

あれからお互い、すっかり堕ちたもんだねぇ…。

とりあえず、全国中継に恥じないだけの
プレイを魅せて欲しいなぁ…。
ワタシゃ現場で観るけどさ。


posted by 佐々木大悟 at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック