2006年07月21日

生まれ変われ!ゴールデンゴールズ。

「極楽とんぼ」山本氏の不祥事から
揺れている「欽ちゃん球団」こと茨城ゴールデンゴールズ。

正直、ワタシは当初その内容に眉をひそめておりましたが、
テレビでそのホームゲームの様子を見て以来、
これもアリかなと思い始めていました。

スタンドでは欽ちゃんが笑いを提供したり、
野菜を配ってみたりと、
訪れた観客を楽しませることに力を注いでいました。
野球そのものはアマチュアレベルであっても、
その姿勢はプロのエンターテイメントの仕事そのもの。
「観客を楽しませるプロ」という部分に軸足を置く
ゴールデンゴールズは、
NPBやMLBとはまた違うベクトルの
「プロ球団」のありようを提示していたのではないか。

それがこんな最低な形で「解散」を発表する。
ショックでした。

選手が遠征中に不祥事を起こした以上、
球団としても責任はとるべきでしょう。
ところが「解散」。
ファンに対して責任を取るどころか、
最も無責任な選択肢ではないだろうか。

結局はこの球団も
基本的な構造はNPBの各球団と変わりがなかった。
地元の人々が自分で作った球団ではなく、
お金持ちが落下傘のように降ってきて作られた球団。
だからそのお金持ち、つまりオーナーが
「オラ止めた」って決めたら終わり。
勝手に熱くなっていた「ファン」たちが
球団を取り上げられて置き去りにされる、
という構図は規模こそ違えど、2004年と同じです。

とはいえ、希望はあります。
欽ちゃん自身にも迷いが見られますし、
署名活動など存続に向けた動きが始まっています。
今回の「解散」騒動は、
ゴールデンゴールズが真に「ファンのもの」に
生まれ変われる起死回生のチャンスかもしれません。

その為には「解散撤回」で一件落着と終わらせるのではなく、
今後誰がどのようにゴールデンゴールズを支え、
どういう形でファンや地域が球団に関われるようにするのか。
そのビジョンを早い段階で示すことが大事だと思います。

球団のオーナーはファンを見捨てないこと。
ファンは「与えられるだけの楽しみ」に甘えないこと。
その部分で意識改革が進まないと、
日本の野球はいつまで経っても変わらない。

そして、それはNPBとて例外ではないのです。

posted by 佐々木大悟 at 03:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(5) | サヨナラNPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21120017

この記事へのトラックバック

欽ちゃん、そらちゃうやろ(茨城ゴールデンゴールズ解散について)【7/20追記】
Excerpt: 先ほどPCを開いたところでとんでもないニュースを見たので、取り急ぎ。
Weblog: にわか日ハムファンのブログ
Tracked: 2006-07-21 06:21

フレッシュオールスター観戦ならず
Excerpt: 今日は東京ドームでフレッシュオールスターゲームが行われた。今年のフレッシュオールスターゲームには高卒ルーキーにして開幕戦スタメンマスクの炭谷(西武)をはじめとして、1軍で規定打席に到達して3割を打って..
Weblog: Magicworkshop(旧:社会人野球情報室)
Tracked: 2006-07-21 07:26

(欽ちゃん球団)やめるのや~めた!
Excerpt: 先日、山本某がしでかした暴行事件の責任を取って、「大好きな野球だったけどやめることにしました」とゴールデンゴールズの解散を示唆する発言が7月19日。→関連記事 この発言が、本気だったのか、その場の勢..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道
Tracked: 2006-07-23 04:46

欽球団存続問題に惑わされるな! 猿芝居の可能性がある。
Excerpt: 【注:この記事を書いたのは、まだ萩本監督がチームを存続するとは明言していない時点、山本選手の球団からの除名処分決定が最新ニュースだった時点です。】 極楽とんぼ山本“さん”不祥事疑惑(警察が被疑者..
Weblog: ☆ RROSECCENTRIXX ☆
Tracked: 2006-07-23 10:31

「欽ちゃん球団」解散へ【解散撤回:追記】
Excerpt: 「極楽とんぼ」の山本圭一が未成年者に対し飲酒させ性的暴行で取り調べられたという事件は、「お笑い界」「芸能界」だけでなくこんなところに影響を及ぼした。 欽ちゃん球団:「極楽とんぼ」問題で解散の意向 萩..
Weblog: 「来年」を失わないために。
Tracked: 2006-07-23 23:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。