2011年08月09日

青いイナズマ

110807vs_mito.jpg
雷鳴轟く三ツ沢で電光一閃、
試合は幕を閉じた。

何はともかく小野瀬、期待以上の大殊勲でした。
やっぱりまだ体の線は細いし、
まだ頼りないかなというのが正直な感想。

それでも、ラストプレイでドリブル勝負を挑む
度胸と判断力は買いたい。
結果潰されたけど、そのこぼれ球が
野崎の決勝点に結び付いたわけですから。

やっぱり、ユースから登録して即出場を
勝ち取るだけの何かを持っているということか。

もう一度見てみたいけど、
西が丘の愛媛戦は学校が始まってるから
出場できるのかなぁ?
とりあえず、今後の楽しみが増えたってことで。

posted by 佐々木大悟 at 01:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック