2011年09月25日

素人目線の上から目線

110925vsTOKYO.JPG
0-3で負けた国立でのFC東京戦。
高い席(もちろん物理的な意味で)から見ていて、
感じたことがありました。

気のせいかもしれませんが、
東京よりも横浜の方がパスを出すタイミングが
遅すぎるように感じたのです。

ワタシのフィーリングでは、
東京の選手は相手選手が1m強ぐらいに近づいたら
手早くボールを出してるように見えて、
横浜の場合はそれが1m以内に引き付けてから
パスしようとしているように見える。

それは、
●東京の方がチェックが鋭いから
横浜が鈍重に見えただけかもしれない。
●パスを受ける側の連動した動き出しが遅いから
実際にパス出しのタイミングが遅れているのかもしれない。

でも、その差が
●余裕のあるフォームで蹴れるから
パス・シュートの精度が上がるし、迫力も付けられる。
●相手の守備が整う前にパスを回せる。

というメリットを東京に与えている様にも思えた。

逆に横浜の現状を顧みるに、
●相手に迫られて無理なフォームで蹴る機会が増えるから、
パス・クロスの精度も下がるし、シュートも
枠内・枠外に関わらず得点の匂いを感じさせる勢いがない。
●ボディコンタクトへの身構えが遅れることによる外傷、
窮屈な姿勢でのプレイによる筋肉系の負傷が増える。
といったデメリットを招いてはいないだろうか、
とも思ったんですね。試合を見ながら。

何より今年の横浜の攻撃が上手くいっている時って、
少ないタッチ数でボールを回しているという
イメージがワタシには強い。
その時はおそらく相手との距離はあまり関係ないだろうし。

もちろん監督も選手もプロなのだから、
そこんとこはちゃんと考えてやってるんだろうし
負けが込んでるから
ネガティブに見えちゃうのかもしれないけど。

ま〜要は怪我なく勝ってくれればいいのですが。

あ、でもピッチ上のプレイが原因であれ、
怪我人続出は何らかの必然的な理由があると思っています。
そこは芝田山親方をはじめ
スタッフの皆さんに何としても見つけて欲しいものです。
勝ち負け以前に、
選手には大きな怪我なくプレイしてほしいですから。
posted by 佐々木大悟 at 23:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227562078
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック