2012年11月22日

2012年は屈辱に始まり、屈辱に終わった。そしてジェフが嫌いになる。

0-4の大敗。手も足も出ない大敗。
けれど試合後ずっと抱いている屈辱感は、
大差のせいでもJ1昇格を逃したからでもない。

J1昇格はシーズン序盤の順位を思えば夢のような話。
だからプレーオフ圏に上がれただけでも
選手・監督以下チームの皆さんを称賛するしかない。
2012年シーズンはたっぷり楽しませていただきました。
本当にありがとうございます。

ただ、三ツ沢をめぐるジェフとの因縁を
甘く見過ぎていたワタシ自身に腹を立ててまして、ええ。

Jリーグ誕生前、この三ツ沢は
ジェフの前身である古河電工のホームでもあり、
周囲には今も古河電工アパートが立ち並ぶ。
そういう背景があってジェフにホームジャックされる、
ということは
他のチームにホームジャックされるというのとは
全く意味が違う、と実感させられたのがこの前の試合。

色んな意味でお騒がせになってしまった
試合前の公園内でのジェフサポ決起集会とか、
スタジアムの外の建物にジェフのフラッグが並ぶとか、
そういう部分でやりたい放題されたってのが
何とも腹立たしいし情けないし。

とはいえ、決起集会はともかく、
古河アパートに「そういうの止めてくれない?」と
働きかけるのも、
住民の方々の立場を考えると簡単ではないし。

そういう諸々の事情を考えると
横浜がクラブとしての実力をもっと蓄えないと、
三ツ沢でジェフ戦をやるのは
あまり得策ではないのかなぁ、とも思う訳です。
まぁ商業的には屈辱さえ飲めばいい収入になるんだろうから、
今後も三ツ沢で続けるんだろうと思うけど。

色々描いたけど、
要はしばらくジェフなんか見たくねぇってハナシ。
大分さんには悪いけど、
ジェフにはさっさと昇格して欲しい。
で、再来年は横浜と入れ替わりでJ2へ帰れ、と。

当分ワタシの捻くれたジェフ嫌いは続くのです。
posted by 佐々木大悟 at 15:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/303330761
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。