2005年07月27日

「自由」についての与太話

ライブドアのリニューアル作業、
あまり上手く進行できてないみたいですねぇ。
ワタシんトコも「データ移行中」表示が48時間どころか、
もう96時間以上続いてますから…。
せっかく「プロ」に切り替えたのに。

さて、
何の気なしにネット上をブラブラしていたら、
「積極的自由」「消極的自由」
という言葉を見つけました。

前者はワタシにとって33年生きてきて
初めて目にする概念でした。恥ずかしながら。
ていうか、
仮にも「ジユウ」と題するblogを運営していて
この有様ですから、なおの事恥ずかしいです。

この概念がどういうものか、については
ワタシが付け焼刃で知ったかぶりを書くよりは、
検索エンジン等でお調べ頂いたほうが
宜しいかと存じますです、ハイ。ワタシが通っていた高校は
細かな校則なし、制服着用の義務なし、
校歌知らずで卒業も珍しくない、
という自由な校風でした。

そういう学校が故に、生徒の中にも
「自由とは何ぞや」「自由と放縦は違う!」
と「自由」について真剣に考える人は
決して少なくなかったと思う。

ワタシは昔も今もヘラヘラと生きているので、
当時は「んな難しく考えんでも…」と
傍観していたわけですが、
「積極的自由」という概念と出会った今、
もっと真剣に考えれば良かったと軽く後悔しています。

ま、覚えたての言葉を無邪気に振り回すなんて事は
みっともないのでしませんが、
今後の記事では頭の隅っこに意識しながら
書いてみるのも良いのかなと思っています。
posted by 佐々木大悟 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5948372

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。