2005年04月13日

鉄道模型に関わる者として日中・日韓関係を思う。

本文は『ジユウノツバサBLACK』へ移しました。
今後のTB・コメントはそちらへお願いいたします。
posted by 佐々木大悟 at 03:54| Comment(2) | TrackBack(2) | ニッポンジンに明日はない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
共感します。人種や民族ではなく人です。経済や人の交流が盛んになるにつれ、ますますそうなってきています。
Posted by 大西 宏 at 2005年04月18日 17:31
>大西さん

コメントありがとうございます。「マーケティング・エッセンス」いつも拝読しています。
模型業界のみならず、日中韓の経済交流は今さら逆戻しにはできないでしょう。中国・韓国製品が巷に溢れている今、不買運動などできるとは思えません。であれば、日中韓の関わる人全てが気持ちよく働けるようになって、そういう製品をわだかまりなく購入できるようになりたいですね。
Posted by 佐々木大悟 at 2005年04月19日 09:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5948470

この記事へのトラックバック

人の振り見て我が振り直せ
Excerpt: 竹島問題を巡る韓国国内で反日運動の高まりが冷めやらない中、「歴史教科書問題」や「日本の国連常任理事国入り」に反対して、中国国内でも反日運動が激化の一途を辿っている。日系スーパーや飲食店、日本大使館等に..
Weblog: ば○こう○ちの納得いかないコーナー
Tracked: 2005-04-14 10:59

ぼくらは謀略の時代に投げ込まれたのだろうか? ……中国の反日デモに思う(2)
Excerpt: 「愛国反日教育の弊害」「若いインターネット世代の出現」「国内社会矛盾のガス抜き」などなど、日本のマスメディアは反日デモの背景分析として、これまでもさんざん言われたような内容を繰り返すだけ。 「どうなっ..
Weblog: blog::TIAO
Tracked: 2005-04-22 10:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。