2004年12月27日

福岡ソフトバンクホークス

プロ野球合併問題回顧(その4):ダイエーの再生機構入り問題などから「第2の合併」候補として存続が危ぶまれてきたホークスはソフトバンクへの譲渡という形で生き残ることができた。チーム名や応援歌など従来のイメージを残す方針なのは歓迎したい。が、ワタシが抱き始めていたソフトバンクへの好イメージは吹き飛んでしまった。一つのニュースから。

そのニュースとはコレ↓
ホークス年俸総額100億円に引き上げ(スポーツ報知)

ふざけるな、プロ野球を潰す気か!?ワタシは今回の合併騒動の大元の原因が各球団の経営問題であり、今後は「カネの掛からない球団経営」へ如何にシフトするかが大切と考えています。Jリーグでは片手で数えて余るほどしか1億円プレーヤーがいないのに対し、NPBでは球団経営を圧迫してなお億単位の年俸に不満を示し、契約更改を渋っている選手が少なくありません。ワタシに言わせりゃJリーグとNPBの経営規模の違いを差し引いたとしても現状でNPBは十分に異常です。
その点では檻ウミウシやライオンズなど提示金額を全体的に抑え目としているのは正しい判断だと思うし、イーグルスの年俸総額が低く落ち着いたというニュースに対しては、楽天が球界の抱える問題を割と理解していると感心したものです。「サラリーキャップ」というネーミングには大いに問題がありますが、ジャイアンツが総年俸に上限を設けた事自体については「珍しく良い事してるじゃん」と感じました。

ところが今回のニュース。ホークス自体の存続さえ危ぶまれなければ、ソフトバンクがいくら損しようとワタシの知った事ではない。が、選手の年俸水準を釣り上げる「第2の読売」になるのであれば見過ごすことはできません。
そもそもFA・自由枠で読売が選手の契約金・年俸を高騰させ、他の球団がその経営体力に見合わない選手獲得競争に巻き込まれた事が合併問題の下地となったはずです。選手の要求するまま高年俸を払い続けたバファローズは消滅し、獲得競争から脱落した感のあるカープなどは低迷が続いて観客減に喘いでいます。合併主体となったブルーウェーブも後者の典型でしょう。

リーグの魅力を維持するには戦力均衡による互角の戦いは必須です。読売・ソフトバンクが年俸を釣り上げれば、他の球団は金銭的に無理であってもある程度それに付いて行かざるを得ない。MLBの贅沢税システムやNFL式サラリーキャップのような「安全装置」なしにそれが続けられれば、近い将来経営破たんに陥る球団が現れることは想像に難くありません。ホークスが「100億円軍団」をどうしても作りたいのであれば、運命共同体である全12球団の経営を脅かさないための「安全装置」導入の責任も負う必要があるのではないでしょうか。
あるいは、既存球団の経営陣は1リーグ化へ向けた球団削減策の一環としてソフトバンクを歓迎したのでしょうか?12月26日付けの毎日新聞スポーツ欄には『「仏」?の渡辺氏 続く院政』というタイトルのコラムも掲載され、ナベツネと球界関係者との交流の存在が指摘されています。ホークスを救った恩人であるソフトバンクですが、その動向については注意が必要なようです。

ああ、やっぱり2005年も安心して野球を見ることはできないなぁ…。
posted by 佐々木大悟 at 19:23| Comment(2) | TrackBack(9) | 合併問題回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。TBさせていただきました。

プロ野球をなくさないためにも球団経営をしっかり改善しようと巨人ですら年俸の抑制を始めたのに、球団経営をまだ1年もしていない孫オーナーのこの発言。

わざわざメジャーに対する見栄で出費を増やしたいなんて、まともな経営者の発言とは思えません。
Posted by Nyama at 2004年12月27日 21:46
TBありがとうございました。この件について新たに記事を書きましたので、TBさせていただきました。
その記事でも述べたことですが、おそらく孫次期オーナーの目は世界に向いているのだと思います。だからこそ、「メジャーでは…」という話が出るのでしょう。
メジャーでも通用する球団作りということには私も異論はないのですが、確かに年俸云々というのは疑問を感じますね。年俸で張り合うことが球団経営の目標ではないのですから。
Posted by ルパート・ジョーンズ at 2004年12月27日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5948558

この記事へのトラックバック

総年棒100億円計画
Excerpt: 私は日本の選手年俸は安すぎると思う。だから優れた選手がメジャーに行くんです。 メジャーの上の方は(チーム年俸総額が)100億円以上のチームもある。 なんでこういうこと言うかね。 あんたんとこだけで野..
Weblog: ライトポールにアンデルセン       
Tracked: 2004-12-27 20:06

『福岡ソフトバンクホークス』とNyama
Excerpt: 昔、教科書で足元が見えないからお札に火をつけて足元の靴を探すという絵が載っていた TBありがとうございました。この件について新たに記事を書きましたので、TBさせていただきました。 その記事でも述べたこ..
Weblog: とNyama
Tracked: 2004-12-27 21:43

孫ホークス次期オーナーへの期待と不安
Excerpt:  「福岡ソフトバンクホークス」の誕生に向けた動きが着々と進んでいるようです。昨日はFA移籍が決まった大村選手の入団発表が行われましたが、バックのロゴが新球団のものになっていて、改めて「変わったのだな」..
Weblog: にわか日ハムファンのブログ
Tracked: 2004-12-27 22:30

孫ソフトバンクオーナーの方向性
Excerpt: 孫オーナーがソフトバンクは将来の年俸総額を100億にしようとし、完全ウェーバー制に反対していることが報じられた。 TBありがとうございました。この件について新たに記事を書きましたので、TBさせていただ..
Weblog: Pulp Text
Tracked: 2004-12-27 22:33

すごいよマサヨシさん、時代に全力逆走!
Excerpt: 100億円構想にウェーバー反対・・まるで「パンがなかったらお菓子を食べたら?」と言い放つマリー孫トワネット状態です。 TBありがとうございました。この件について新たに記事を書きましたので、TBさせてい..
Weblog: シボンヌの館
Tracked: 2004-12-28 14:54

ソン様大いに吼える
Excerpt: 【年俸100億円超に!孫オーナー仰天プラン】【… TBありがとうございました。この件について新たに記事を書きましたので、TBさせていただきました。 その記事でも述べたことですが、おそらく孫次期オーナー..
Weblog: Starless and Bible Blog
Tracked: 2004-12-28 21:29

スゴイぞ!孫正義「総年棒100億円計画」
Excerpt: 新しいホークスのオーナー孫の打ち出した「総年棒100億円計画」。スゴイですねー。いっそ今すぐにでもNPBを脱退してMLBに加盟申請をしたほうがいいんではないでしょうか?この時期によく言えたものです。今..
Weblog: やきう大好き!
Tracked: 2004-12-28 21:51

孫オーナー 総年棒100億円計画!
Excerpt: 目標は世界一。 そう宣言した孫正義オーナーが、MLBに匹敵するチームを作り、ML... TBありがとうございました。この件について新たに記事を書きましたので、TBさせていただきました。 その記事でも述..
Weblog: So What?!
Tracked: 2004-12-29 00:03

諸刃の刃、孫正義
Excerpt: Hawks新オーナー孫正義が精力的に動いている。 様々な場で、球界改革に向けた持... TBありがとうございました。この件について新たに記事を書きましたので、TBさせていただきました。 その記事でも述..
Weblog: So What?!
Tracked: 2004-12-30 23:33