2004年12月14日

檻屑ウミウシ合併球団

プロ野球合併問題回顧(その1):ブルーウェーブの名前を捨て、バファローズを殺した返り血で穢れた合併球団。そんな檻屑ウミウシ球団にもファンが現れた以上、ワタシは存続を願う。あくまで「バファローズ」とは別の球団として。

とりあえず、当Blogでの檻近合併球団の呼称は上記の通りとしました。岩隈投手の帰属問題が長引いている。合併に至る経緯、選手会との合意事項を鑑みれば岩隈の主張は極めて正当だ。しかしながら、檻屑ウミウシは問題を長期化し、その主張を「岩隈のワガママ」とマスゴミに喧伝させることで彼のイメージを傷つけ、屈服させようとしているようだ。あまりにもあからさまに糞球団ぶりを演じている。
「演じている」と表現したのは、このウミウシ球団の「自爆テロ」をワタシは疑っているからである。岩隈問題以外にも人を小馬鹿にした球団名、ユニフォーム・ロゴ・球団旗のデザイン、大阪ドームボールパーク化構想と2008年完全大阪移転の報道、旧ブルーウェーブ選手に対する年俸面の冷遇…合併に反対してきたファンの心理を逆撫でする行為は枚挙に暇が無い。
最初の一つ二つぐらいなら「ファン心理を理解していない」「空気を読んでない」程度と考えられるだろう。しかしながら、このような事を何度も繰り返して批判を集めれば、自分達の方向性の誤りに気づかないハズはない。少なくとも合併球団を成功させる意欲があるというのなら、極めて鈍感と言わざるを得ないだろう。もっと言えばそんな鈍感なスタッフしか揃っていないというのは、あまりにも不自然だ。

宮内オーナーや球界再編を推進しようとした連中は、球団削減・一リーグ化を「頓挫した」「失敗した」とは言っているが、「諦めた」「断念した」というコメントは寡聞にして聞かない。2006年以降の球団削減を企むとすればどういうシナリオが考えられるだろうか?コクドの不祥事から西武ライオンズの2006年以降の動向は不透明だ。これと「合併したくてウズウズしている」千葉ロッテマリーンズがペアになる事は考えられる。そしてチーム数を偶数にするにはもう1球団。そこで考えられるのが檻屑ウミウシの「自爆テロ」である。
2004年の騒動から、NPB側も迂闊に「合併」というカードを切ることはできないだろう。ならば「不人気球団の消滅」はどうだろうか?合併でイメージに大きな傷を負った檻屑ウミウシ球団。今なら消滅しようが同情や反対をするファンは少ない。むしろ「ざまあみろ」と喜ぶ向きもあるだろう。その時のために今から人気を落としておこうという算段なのではないか。檻屑ウミウシ消滅で球団数が奇数になったところで「西武+ロッテ」合併を持ち出したほうが事はスムーズに動く、という寸法だ。

上記の「檻屑ウミウシ自爆テロ説」はあくまでワタシの推論に過ぎない。が、今後も合併球団の動向は予断を許さず、監視を緩めるべきではないだろう。

こんな糞球団にもファンが現れている。
そして、
「旧球団の縁があるので、距離を置きながら見てみよう」
「素直に両球団の後継と認めて積極的に応援する」
とスタンスは様々ながらいくつかの応援サイトも誕生している。このようなサイトの存在は癪に障る、というのが正直な気持ちなのでサイト名の紹介やリンクをするつもりは一切ない。が、中には苦しい葛藤を乗り越えて合併球団支持を決めたファンもいる。だからこういうサイトを開設したこと自体には一定の敬意を表したい。
一方で合併を無批判で受け入れた、思考停止に陥っているような合併球団ファンも現れている。こういう輩が現れるのは檻屑ウミウシの思う壺だし、そういう連中が件のサイトの掲示板に書き込む内容には反吐が出るほど無神経なものもある。だが、そんなファンでもファンはファン、だ。横浜FCにフリューゲルス消滅に関わりのない新しいサポーターが現れたように、こういうウミウシ球団ファンは時間が経つにつれて増えるのだろう。不愉快ではあっても、もう批判はできない。

ならば彼らに望みたい。ウミウシ球団の応援を楽しんでくれ。
その楽しむ姿の中に、ワタシが得るべき何かがあるかもしれない。
「合併に対する怒り」から開放されるための「何か」が。
そして、ウミウシ球団のファンであることにプライドを持って欲しい。
檻屑という企業の下僕になるのではない。「球団のファン」なのだ。
檻屑がチームや選手の不利益になるアクションを起こすのなら、
感情に任せて力の限り怒って良いと思う。
合併という親企業の最悪なワガママを呑んだ彼らにはその資格がある。

ファンが現れた以上、糞球団であってもワタシは存続を望む。今は良いところが見つからなくとも、ウミウシ球団の未来を信じているファンがいる以上、檻屑の経営陣がこの球団を消滅させる事をワタシは決して許さない。
願わくは、檻屑から心ある企業に一分一秒でも早くこの球団が身売りされることを。そして名前を改め、バファローズでもブルーウェーブでもない新しい球団であることを広く知らしめて欲しい。
posted by 佐々木大悟 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 合併問題回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

今日の会談結果をハラハラして待つザーマス
Excerpt: ■「岩隈1年間オリックス」パ会長が妥協案・・嫌な展開ザーマスね。今日の会談結果をハラハラして待つザーマス TBありがとうございました。この件について新たに記事を書きましたので、TBさせていただきました..
Weblog: シボンヌの館
Tracked: 2004-12-15 13:12

岩隈楽天入りキターーーーーー!
Excerpt: いま、テレビを見ていたら、小泉社長が会見していたザーマス。一体、何故に急転直下?とりあえず、速報ザーマス。 TBありがとうございました。この件について新たに記事を書きましたので、TBさせていただきまし..
Weblog: シボンヌの館
Tracked: 2004-12-22 19:47