2004年10月26日

もう一人の元横浜FC

試合当日のエントリで森田真吾について書いたら、
もう一人の元横浜FC、吉本岳史にやられちまった。

J2第39節 10月23日(土) 三ツ沢公園球技場
横浜FC 0(0-0)1 水戸ホーリーホック下位チーム相手のホームゲームで、
5000人強といつもより多めに入った観客の前で、
途中相手選手の退場で数的優位に立ちながら、
セットプレーで決勝点取られて、負け。

…カッコ悪ィ〜。

しかも決勝点は吉本。もう悔しさ百倍。
さらに試合後のインタビューを読むと、
もう完全に水戸のプラン通りの試合運びだったと知って、さらに倍。
あ〜もう、次の山形に勝って早く忘れよう!

それと、
アルビレックス新潟は地震翌日の試合は勝てなかった。
次節試合やるのやらないので大変な事になってますが、
やるからには頑張って欲しい。
少しでも被災者の心の傷の癒しになることを願って止まない。

そして〜ついでの話ではあるが〜それこそが
今年プロスポーツを蔑ろにした全ての人たちに
スポーツの力を見せ付けることにもなる。
決してただの広告塔ではない、と。

あと、新潟に全力で立ちはだかったジュビロ磐田のイレブンにも感謝。
たぶん「空気読め」とか彼方此方で言われてると思うが、
こういう試合で強さを見せ付けてくれた、
そのプロ意識に敬意を表したい。ありがとう。
posted by 佐々木大悟 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5948589

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。