2004年09月28日

残す策、創る策。

オリ近合併問題に絡めて興味深い話題を2つ。
いずれも2球団の魂を如何に残すかという話である。まずはめたか氏のat most countableこんな呼びかけの記事がある。
スト回避後に報道された宮内BWオーナーや山口近鉄本社社長の発言から、楽天が参入を果たした場合に合併撤回→楽天へのバファローズ売却という可能性がゼロではない。ならばそれを実現するためにオリックスや近鉄、読売、楽天に頭を下げて「お願い」してみてはどうか、というものだ。
今日まで合併に反対し続けた人々にとって、「バファローズ(ブルーウェーブ)を存続させたい」という願いと、「いかがわしい動きを見せる楽天や、自分達の願いを土足で踏みつけて来た連中に頭を下げたくない」というプライドとの間で苦しい葛藤を迫られる、非常に辛い選択肢だと思う。ワタシ自身すぐには決断できないし、めたか氏も「万人にはお勧めしない」と記している。ただ、上記の「願い」も「プライド」も「正義」ではない。それぞれの抱く「エゴ」だ。自分の中の2つのエゴに折り合いをつけ、両チーム存続のために頭を下げる屈辱に耐える覚悟ができるのであれば、賛同して欲しい。
ただ、その「願い」は勿論、「プライド」もバファローズやブルーウェーブ、プロ野球を想うからこそ生じるもの。賛同しても、賛同できなくとも貴方の想いは本物だ。どちらを選択するにせよ、少なくともワタシは貴方を責めることはしないと誓おう。

さて、もう一つはコレ
西武・ダイエーで活躍した元オリックス監督の石毛宏典氏が中心となって四国に独立リーグを作るという話題。1県1チームの4チームという体制で、自治体のバックアップやスポンサー集めなどの骨格作りに目処がついて9月30日に正式発表という運びとなる。1年前から動き出していたということで合併騒動とは全く別の動きではあるのだが、期待をかけずにはいられない。チーム名にスポンサー名を冠しない、地域密着を目指すなどNPBの現状に嫌気がさした野球ファンにとって理想郷とも言える構想となっている。選手構成については、元プロ選手や地元社会人球団に属しないアマチュア選手を中心に20歳前後の若い選手を集めているという話である。このままの構想でも「四国リーグ」は十分に魅力的だ。
で、ワタシは思うのだが、バファローズ・ブルーウェーブ両球団の選手全員が任意引退してこの「四国リーグ」に参加するのはどうだろう。
もちろんクリアしなければならない課題は沢山ある。
ご当地選手育成・戦力均衡を考えれば戦力を4県に分散するのが妥当で、今のチームの形のままというのは難しい。ただ、ブルーウェーブ・バファローズをそれぞれ2分割するというのはアリではないかと。高松にはサーパスの縁でBW系チーム、闘牛で有名な宇和島を抱える愛媛にはBu系チームが割り当てられれば面白いと思う。Bu系・BW系という色分けがあった方がリーグも盛り上がるのではないだろうか。
また、選手の待遇も問題だ。開催・市場規模を考えれば、NPB時代と同等のギャラはまず保障できまい。さらにNPB側が報復措置としてNPB復帰を禁止すれば退路を断たれる形となる。ただ、Jリーグの2部やJFL以下の下部組織では40歳前後の元J1選手も現役で活躍している。単純比較はできないだろうが、「四国リーグ」でも当面はレベルの低さゆえにNPBよりは現役でいられる期間が長くなる可能性はある。
何より「四国リーグ」側が歓迎するかどうかが未知数だ。NPBとの距離のとり方については現状何も判っていない。独立リーグとは言っても、アメリカのそれはMLBと密接な協力関係を結んでいる。仮に「四国リーグ」もそれを望んでいるとすれば、オリ近合併球団そのものの消滅に繋がる集団引退・四国リーグ移籍は受け入れられないだろう。また、いわゆる「プロアマ協定」が「四国リーグ」のプロ選手にも適用されるのか、あくまで「日本野球連盟・NPB間の協定」と解釈されるのかによって地域密着に選手がどれだけ貢献できるかも変わってくる。

…書いててもう一つ、NPB側の邪悪なシナリオの可能性も脳裏を過ぎったのだが、暗い話題はまた後日別のエントリということで。何はともかく、今は明るい話題に酔いしれたい。合併問題とはまた別にワタシは支持したいと思う。
posted by 佐々木大悟 at 15:05| Comment(2) | TrackBack(8) | プロ野球合併問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして"Starless and Bible Blog"のH5です。
TBありがとうございました。

こちらからのTBが二重送信されたようです。すいません。
一方を削除いただければ幸いです。

四国の独立リーグについてですが、四国の野球熱が高いことは認めるものの
基本的に高校野球至上主義者が多いので、金を払って野球を見に行くという
習慣が全くないのがやや心配の種です。
Posted by H5 at 2004年09月29日 00:50
H5さん、こちらこそコメントありがとうございます。
現状報道されている内容だと
選手層はドラフトから漏れた若手中心となりそうなので、
地元の方がお金を払ってまで見に行こうと思ってくれるかは心配です。
やはり最初の数年は、
旬は過ぎていても知名度の高い選手が各チームに一人ずつでも
入っていてくれればとは思うのですが。
そういう意味では元Bu・BW戦士が入団する事は
選手・リーグ双方にメリットがあるのではないかと考えます。
Posted by 佐々木大悟 at 2004年09月29日 21:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

四国独立リーグの可能性
Excerpt: 佐々木大悟氏のBLOGにリンクがあったので、デイリーの記事を読んでみました。「株式会社IBLJ」(多分「日本独立野球リーグ」Independent Baseball League of Japanの頭..
Weblog: M.H.Blogs
Tracked: 2004-09-28 17:53

結局、1リーグ推進派って。
Excerpt: 宮内オーナーの「合併のメリット何もない」発言について。 こういうことを言っちゃうということに驚く。考えてても言わないんじゃないか普通。言ってもメリットないでしょう。 近鉄の「売却もないわけで..
Weblog: 226TRAX
Tracked: 2004-09-28 18:37

「俺らはまだ終わってない」―2004年BW-Bu最終戦
Excerpt:  前の記事で予告しましたとおり、Yahoo!BBスタジアムでのBW-Bu最終戦に行ってまいりました。  個人的なことで恐縮なんですが、実は前の日の晩から風邪を引いたようで、この日の朝起きた時は39度近..
Weblog: にわか日ハムファンのブログ
Tracked: 2004-09-28 19:04

終わるまでは終わりじゃない
Excerpt: あきらめが悪いと言われるかもしれませんが、まだこれが終わりじゃないと信じてます。 ここに来て「合併にメリットはない」と、いかにも近鉄救済のために仕方なく動いたようなコメントを出している糞宮内。 機構..
Weblog: Starless and Bible Blog
Tracked: 2004-09-29 00:33

四国に独立リーグ
Excerpt: 新リーグ結成!四国4県4球団 (デイリー) http://www.daily.co.jp/baseball/2004/09/28/144762.shtml いいニュースですね。 30日に正式発表だそ..
Weblog: 226TRAX
Tracked: 2004-09-29 11:41

たしかにメリットはないんだよ。
Excerpt: おさらいの意味も兼ねて。 *そもそもの合併の動機(私が信じている説) オリックスとしては、 合併を発表して 5球団という不安定な状態にして 「もう一組の合併」を誘い出し 10球団1リーグへ これが目..
Weblog: 226TRAX
Tracked: 2004-09-29 19:11

2球団消滅の日。宮内への恨み忘れまじ。
Excerpt: まずは、ネットで見つけた泣ける話 この間の藤井寺での近鉄のサイン会に小学生の弟と行った。 弟は近鉄の北川のファンで、俺も選手見れるかなーって感じで、北川にサイン貰ってるときに弟が「僕大きくなったら北..
Weblog: マリンブルーの風
Tracked: 2004-09-30 07:09

NIKEの全面広告
Excerpt: 野球の好きな人が 野球の未来を 決めるべきだと思う。 WHY BASEBALL? 朝日新聞だと18面。 この時期にやってくれます。 カッコよすぎ。 H5さん、こちらこそコメントありがとうございま..
Weblog: 226TRAX
Tracked: 2004-10-01 11:58