2004年09月18日

スト突入に寄せて

前のエントリーでは茶化してしまったけど、
スト突入自体は決して喜ぶべきことではない。
この日の試合を楽しみにしていた
一般のファンの娯楽を奪ってしまうのだから。

愛すべき選手達に手を汚させてしまった。

ここまで混乱した以上、ストがあろうとなかろうと
ハッピーエンドなど有り得ない。選手会が敗北して経営側の思うままになる。
ストによるファン離れでプロ野球が盛り下がる。
いずれも最悪の結果に違いない。

一方、ライブドア参入が実現して仙台にプロ球団が出来る。
奇跡的にオリックス・近鉄の合併が撤回される。
果ては現オーナー陣の追放が実現してプロ野球が正常化する。
こんな「夢」が叶ったとしても、
決して諸手を挙げて喜ぶことはできない。

どのような結果になるにせよ、
プロ野球はすでに大きな代償を払っている。

一連の騒動の中で球界の醜さを見かねて、
誰かがプロ野球のファンを辞める。
意見の食い違いや誤解から、
野球を愛するファン・仲間同士で傷つけあったりもしている。
理解の浅い人や心無いファンからの、
無思慮な中傷に深く傷ついているファンもいる。

仮に元の鞘に納まったとしても、
選手会の要求が全て通ったとしても、
それぞれのファンの心に残るしこりは消えないだろう。

これが「夢」を叶えるために払わなければならない
代償だと言うのなら、余りにも悲しすぎる。
こういう状況を生み出してなお、
今の経営陣はプロ野球を面白く出来るというのだろうか?

今、本当に一番大切なのは球団の数でも、
選手の身の置き場でも、まして経営陣の算盤勘定でもない。

プロ野球を「娯楽」に戻すことだ。

ファンを苦しめ続けるプロスポーツなど、
もはや存在する意味などない。

莫大な代償を払うのだ。
何が何でも勝ち取らなければならないものがある。
だから、ワタシは選手会のストを支持する。
選手だけに手を汚させはしない。
posted by 佐々木大悟 at 02:27| Comment(0) | TrackBack(4) | プロ野球合併問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5948612

この記事へのトラックバック

進むべき道はない、だが進まねばならない…
Excerpt:  ストライキ突入が決定されました。  今私は非常に混乱しています。覚悟はできていたつもりですが、それでも最後の最後まで交渉がお互いに納得の行く形で妥結することを願っていただけに…  おそらく、今まさに..
Weblog: にわか日ハムファンのブログ
Tracked: 2004-09-18 02:59

誰がこんな展開望むものか。
Excerpt: …………………………。 最悪の展開です。日本プロ野球初のストライキです。責任者出てこい。 <念のために言っておきますが私はあくまでも選手側支持です 日本プロ野球選手会公式ホームページ "ストライキ決行..
Weblog: Excessive Words
Tracked: 2004-09-18 03:10

ストライキ決定。断固スト支持!
Excerpt: おい瀬戸山。 何が「謙虚な姿勢と真摯な態度で話し合ってきた」だ。 何が「違法で不当なスト」だ。 この期に及んでなに言ってやがる。 こんな奴を代表として喜んで迎えた自分が恥ずかしい。 お前が「ファン..
Weblog: マリンブルーの風
Tracked: 2004-09-18 08:02

プロ野球、ついにスト突入へ
Excerpt:  とりあえず自分が持ってる札幌ドームの日ハム戦のチケットが20日の試合でよかった H5さん、こちらこそコメントありがとうございます。 現状報道されている内容だと 選手層はドラフトから漏れた若手中心とな..
Weblog: 一撃必殺!一刀両断・改
Tracked: 2004-09-18 10:56