2004年09月13日

合併強行後を考える(Bu編その1)

BW編の続き。

合併が強行された場合、BuファンがBuファンとしてスタジアムに戻る選択肢の一つが、想いを同じくする新規球団参入だとワタシは思う。少なくとも「加害者」である合併球団が、「バファローズ」を名乗ったからといってその受け皿になり得るとは想像し難い。

ライブドアは9月中に加盟申請する意思を表明しているが、
具体的なチームの形は明らかにされていない。それもあってか、その新球団の姿については様々な意見がメディアやWeb上でも上がっている。一方、ライブドア外しの意図が見え隠れするNPB側の不規則発言が「暫定合意」後に相次いでいる。

以上の状況からワタシが新球団に求めたいのは、
(1)Buファンの戻る場所をスタジアムに確保する。
(2)NPB側が参入拒否できない体制を確立する。
の2点である。(1)についてはマリノス・フリューゲルス合併後に誕生した横浜FCと比較しながら考えたい(ワタシ自身その方が考え易いので)。

絶対に外せない要素が「理不尽な合併に対する怒り・失望」をファンと共有する姿勢を明確にすること。こう書くとネガティヴな感情が拠り所になってしまうが、その裏返しにはファンそれぞれの「理想」というものがあることを忘れないで欲しい。ただ、その「理想」を表に出すと逆に「オレの理想は一寸違う」と背を向けるファンも出てくる。「理想のチーム」像は十人十色なのだから。ただ、理想は違っても「合併に対する怒り」を共有することはできる。

「怒り・失望」でファンが結束したからこそ横浜FCは誕生した。そして、
なまじソシオ・フリエスタ構想という「理想」を持ち出したから横浜FCは迷走した。
コレが横浜FCに対するワタシの感じ方である。

「合併に対するファンの怒り・失望」の継承を、横浜FCは可能な範囲内で明確にしている。「可能な範囲内」というのは、「フリューゲルス」に関するあらゆる権利を持つ全日空やF・マリノスの干渉を許さない範囲で、という事である。列挙すれば、
●設立経緯のコメントで合併問題・フリューゲルスに触れる。
●商標登録のない愛称である「フリエ」を運営会社名「横浜フリエスポーツクラブ」に入れる。
●白・水色・紺というフリューゲルスのチームカラーを踏襲する。
●ホームタウンを横浜とする。
●オフィシャルソングはフリューゲルスと同じくTHE ALFEEを起用(『Wings of Freedom』)。
などである(オフィシャルソングの歌詞では「あの日打ちのめされた 怒りを忘れない」とも謳っている)。

バファローズに代わる新加盟球団が上記のうちどれだけを実行できるかは未知数だが、できる範囲内のことはして欲しい。とはいえ、大阪というフランチャイズに拘るのは難しい情勢だとワタシは思う。合併球団はもとより、タイガースも反発するだろう。加盟をスムーズにするにはタイガースを味方に付けておきたい。ファン側にも仙台・松山など地方移転を望む声は少なくない。大阪に固執するとコンセンサスを得にくいのではないか。

また、めたかサンのご意見のようにバファローズの人材を確保し、チームとしてのキャラクターを継承できれば理想的である。それはBuファンを取り込む意味で営業的にも非常に有利になる。が、それは「正当な唯一の『バファローズ』継承チーム」を自認する合併球団が全力を挙げて阻止しようとするだろう。横浜FCの場合も元フリューゲルスのスタッフ・選手全員の雇用が他チームで確保されたため、発足当初はジェフ・ヴェルディ出身者を中心とした連合軍という形になっている。

もう一つ、「バファローズ」の名称は使わない方がいいとワタシは思う。これも合併球団の横槍を受けて加盟の妨げになる可能性が高いし、仮に加盟が実現したとしても新チームを「バファローズ」として感情的に受け入れられないBuファンも必ずいる。実際、横浜FCが将来的に「フリューゲルス」を名乗ることには賛否両論あり、トラブルの種にもなっている。

話が脱線してしまったが、「怒り・失望を共有する姿勢」を明らかにする新チームができれば、そこにBuファンの戻ってくる居場所ができる。Buファンは複雑な思いを抱くだろうが、少なくともスタジアムに戻ってきたBuファンを新チームとそのファンは暖かく迎えるだろう。同じ感情を共有した「仲間」として。

Buファンがすぐに新チームを支持する必要はない。
気持ちの整理がついた時、スタジアムに戻ってくればいい。
そのための場所を新チームには用意しておいて欲しい。

文章が長くなってしまったので、(2)についてはまた別項にて。
posted by 佐々木大悟 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球合併問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック