2004年08月18日

お金は働いて得るもの

球団合併の論議で人件費の話に絡んで
「●●選手は年俸を貰いすぎだ」
という話がよく出てくる。
個々の選手に対する感想をここで述べる気はないが、
もっと他に「貰い過ぎ」な方々がいるのではないかと。

球団の存続に興味を失った球団社長さんとか、
球界が大変な時に海外旅行へ出かけちゃうコミッショナーさんとか、
他国の軍隊のヘリコプターが自分の国で墜落事故を起こしたのに
「夏休み中」と言って放置している首相さんとか。

お金は仕事の対価として頂くものです。
皆様はそれに見合う仕事をしていますか?

ま、ワタシも人のコト言えた義理じゃぁないんですけどね。
posted by 佐々木大悟 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

首相も外務省も仕事を放棄。
Excerpt: トラックバックありがとうございました。 TB&ご紹介感謝します。2部制ですが、私はその後「12球団3地区制」要するにMLBのパクリですが、それを思い付きまして、現在はそっちの方がいいかな、と思っていま..
Weblog: 大西 宏のマーケティング・エッセンス
Tracked: 2004-08-19 20:17