2009年05月18日

トモキチ

今日は鳥栖でまた負けました。

トピックとしては、
トモキチのスタメン復帰でしょうか。
水曜の岐阜戦で
横浜最古参選手の活躍を見たいなぁ。

BGM:「On the wing of a condor」〜Incantation
(テイチクレコード)



The Very Best of Incantation

posted by 佐々木大悟 at 03:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

補強

カズO・G横浜FC本拠17戦○なし/J2
(nikkansports.com:5月11日付)


小野寺社長は「(樋口)監督を代えることは考えていないが、選手については強化部とも話し合う」と緊急補強も示唆した。


今年は無駄金を使わず強化費は来年まで
取っておいたほうが良い、
というのがワタシの意見。

ただ、今季の成績もある程度盛り返しておかないと
より多くのスポンサーフィーを失いかねないわけで、
難しいところです。

どうしても補強するというのなら、
適材と思う選手の名前が一人だけ思い浮かびます。

続きを読む
posted by 佐々木大悟 at 01:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

ダントツの最下位

RIMG0032b.jpg

日が沈む。やがて夜が訪れる。

続きを読む
タグ:横浜FC J2
posted by 佐々木大悟 at 01:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

いま必要なのは…。

ここまで負け込むと
選手やスタッフの皆さんにかかる
プレッシャーも相当大きいと思う。

不調の原因がメンタルというのなら、
今のままじゃ悪循環ですよね。

何とかそのプレッシャーを
緩めてあげたい。

続きを読む
posted by 佐々木大悟 at 03:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

負けられない相手

地元・東十条商店街で見たヴェルディのポスター

「この相手だけには負けたくない」

最初、このコピーを見て
あ〜ヴェルディにまで馬鹿にされちゃったよ
なんて勘違いしちゃいましたよ。

良く見たら根占・カズ・アツ・戸川や
岩倉・タッキー・平本の
移籍組を軸にしたコラボ企画だったんですけどね。

負け犬根性、染みついちゃってるなぁ…。
posted by 佐々木大悟 at 09:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

勝つと思うな、思えば負けよ。

けど、負けが込んだチームというのは
なかなかこの心境にたどり着けず、
悪循環を繰り返すものですなぁ。
posted by 佐々木大悟 at 01:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

「奇跡」の確率は?

また最下位だ。
次に勝てるのは第18節ぐらいでしょうか…orz。

昇格の可能性って残ってるのかな〜?
なんて思いながら
数字を弄って妄想してみました。

続きを読む
posted by 佐々木大悟 at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

06年の山形、09年の横浜。

ようやく初勝利。待ちくたびれました。

9戦目で初勝利、勝ち点6ってのは
実は樋口監督が就任して一年目の
2006年の山形とそっくりな状況なんですよね。

その後山形は順位こそ8位止まりでしたが、
3連敗以上は1つもない安定した成績を残しています。

厳しい状況に変わりはないですが、
セレッソと湘南が飛び抜けて行って
3位以下が混戦になればチャンスは残る。
信じましょう。
posted by 佐々木大悟 at 03:04| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

小野寺社長、賛同はできんわ。

改革(横浜FCフロントブログ:4月6日付)

ヴェルディの前社長のコメントを受けて、
企業名をチーム名に入れることを
Jリーグに検討してほしい旨の内容を
上記記事で小野寺社長が述べています。

正直言って残念です。

チーム名に自社の名前が入っていたなら、
日産やANAがあの合併を思い止まっただろうか?
いや、そうは思えませんね。

実際他の競技では
企業名の入ったチームが
次々と閉鎖の憂き目にあっているのだから。
サッカーだけが例外ではあり得ないでしょう。

横浜FCがこれから歴史を綴っていく道では
何度も不景気や成績不振の波が襲ってくるでしょう。
その中でも生き残れる体制を作り、力を付けていくことが
小野寺社長、あなたの仕事ではないのですか?

そして、それは横浜に限らず
Jの全36クラブにも言えること。
それこそが本当にサッカーを日本に根付かせるということ。

なぜ横浜FCというクラブが今ここにあるのか、
我々がなぜ愛するチームを一つ失ったのか。
10周年を越えた今、もう一度落ち着いて考えたい。
posted by 佐々木大悟 at 01:42| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

とりあえずは信じる。

ん〜、ついに最下位か。

修羅場中なので試合は見れてないんですが、
内容は昨年より良いそうなので
もうすこし辛抱しましょか。

まぁ、マリノスより先に初勝利できれば
OKじゃね?
posted by 佐々木大悟 at 11:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

妥当な結果

フリ丸

フリ丸を見られただけで今日は良しとしますか。

今年の熊本は2年生とはいえ、侮れませんな。
藤田ばかりに目が行きがちですが、
宇留野、石井など地味に良い補強してますからね。

横浜は失点の仕方がつまらないなぁ。
カズのPKで先制して勢いに乗れるはずだったのに、
みすみす勝てる試合を落とした印象。

2試合で2失点ずつしているようじゃ、
恥ずかしくて「J1昇格」なんて口が裂けても言えない。
まずは「1勝」が目標。
大口は3試合続けて完封できるぐらいになってから。

カズの記録は素晴らしいとは思うけど、
ワタシが望むのは「最年長勝利」だけですよ。
posted by 佐々木大悟 at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

0.823529412

42÷51の答え。
去年に比べれば、1敗のダメージは
単純計算でこれぐらい軽い。
アウェイだったし悲観する必要はまったくないでしょう。

幸い当日はtvkがキレイに録画できたので、
試合内容もチェックできたわけですが。

カズの健在ぶり、西田の初ゴール。
2失点とはいえどもイワマールの好セーブだって光った。
希望の光は十分に見えてますよ。

ただ、ネジや八角がボランチに復帰して、
アツがもっと身軽になるまではガマンの時かなぁ。
タグ:横浜FC J2
posted by 佐々木大悟 at 02:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

気が付いたら09年シーズン開幕。

3月8日の平塚の天気予報は雨だそうです。
佐々木です。

あっと言う間に開幕の日になってしまいました。

今年の横浜はネジの故障以外は
順調に仕上がっているようですが、
いざ実戦でどうなるか。

不安ではあるけど、期待も十分持てる。
どんな夢だって持てますよ、開幕までは(笑)。
とりあえずシーズン終盤まで昇格争いに
絡みたいですよね。

51試合という前人未到の長丁場。
選手・スタッフの皆さんは大変でしょうが、
ワタシは平日開催が増えて
試合を沢山見に行けるからワクワクしてます。

新入りさんは栃木、富山、岡山。
富山には誕生日旅行を兼ねて遠征するのがほぼ確定。
近場の栃木も何とか都合付けて行きたいなぁ。
岡山はモケーの取材を兼ねて行きたいけど…遠い。
あとは久々に地元・西が丘開催もあり、
今年のスケジュールは個人的に楽しみです。
posted by 佐々木大悟 at 01:32| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

スゲ、日本代表に。

ども、明けましておめでとさんです。
今年も何卒よろしくお願いいたします。

表題の件、ホンマおめでたいですわ。
彼こそは横浜の誇り。
ナラさんとポジション争いというのも
感慨深いですね。

小さいけれど頼りになる奴です。
代表サポ、柏サポの皆様、
どうぞ可愛がってやってください。よろしく。
posted by 佐々木大悟 at 09:43| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

あれから10年

思えば色々ありすぎた10年間。

天皇杯優勝を置き土産にフリューゲルスが消えて、
横浜FCが産声を上げて、
JFL、J2、J1と瞬く間に駆け上がって、
そして降格して今ここにいる。

楽しい試合もイライラする試合も沢山あったけど、
ミツザワで横浜FCを見られる今は幸せだ。

この幸せは死ぬまで手放さない。
死ぬまでこのクラブを消滅なんかさせない。
あんな思いは二度としたくない。
posted by 佐々木大悟 at 02:28| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

未練はゲリラ豪雨に流されて

リアルなJ1への挑戦は来年も続く。
RIMG0020.jpg

たぶん、守りのシステムが脆弱なのだろう。

勝ち慣れてない中での先制点で浮足立っては失点。
突然の豪雨が降っては失点。
逆転されて前掛かりになっては度々の失点。
今年、何度も見せられたパターンだ。

ちょっとした状況の変化、心理的な変化だけで
できていた守備ができなくなってしまうのは、
守り方が確たるものとしていないからではないか?

変化に弱い綱渡りのサッカー。
悲しいが、それが横浜の現実だ。
タグ:横浜FC
posted by 佐々木大悟 at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

草津のヤス、網膜剥離で戦線離脱。

うわぁ、ショックだわ。

高田保則選手検査結果のお知らせ [ 草津 ]
(ザスパ草津公式:8月20日付:リンク先は『J's GOAL』掲載記事)


前回の対戦では憎たらしくも
開始0分での先制点を奪ってくれたけれど、
ワタシにとっては
05年の天皇杯・ガンバ大阪戦でのプレイを見て以来
強く思い入れを持っていた選手でもあります。

草津との今季の対戦は終了していたので、
頑張ってほしいと思っていた矢先のアクシデント。
非常に残念です。

引退に追い込まれるとか失明とかみたいな
大事に至る前に発見・治療できたのは不幸中の幸い。
急がずとも無事ピッチに復帰できることを切に願います。
posted by 佐々木大悟 at 14:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

バランス

第3クールのスタートは草津とドロー。
これで5試合連続得点、6試合連続失点。

スコアレスドローが続くよりは希望は持てるかもしれないが、
その間勝ち点を5しか取れていないというのは
まだまだ望むようなバランスではない。

せめて来年への希望が見える第3クールであってほしい。
タグ:横浜FC
posted by 佐々木大悟 at 23:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

やはり急には強くなれない。

セレッソに勝ったからといって、
急に沢山勝てるようにはならないよなぁ、やっぱり。

元々連勝が得意なチームではないし。
優勝した06年でさえ最大4連勝だったのだから。

これで第2クールは14戦で2勝止まり。
J1復帰は奇跡頼みになってしまった。
タグ:横浜FC
posted by 佐々木大悟 at 09:43| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

待ってましたストライカー

セレッソに初勝利!嬉しいねぇ。
特に池元が絶好調。
これが本格的な覚醒モードだとしたら心強い。

アンデルソンと池元の両方が脅威になれば
相手チームにとって嫌なことこの上ないだろうからね。

次節は熊本をしっかり叩いて、
お休みの福岡を射程距離に捕まえたいッス。
タグ:横浜FC
posted by 佐々木大悟 at 02:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする