2011年02月01日

李忠成

ワタシの34歳のバースデーはほろ苦い夜になった。
あの男のゴール2発で横浜は逆転負け。
アクセスの悪さもあって、
柏の葉は今でも足を運びたくないスタジアムだ。

その彼が2011年のアジアカップ決勝で
日本の優勝を決めるゴールを決めた。

…何だかんだ言っても、
J2で縁のあった選手が世界の舞台で活躍するのは
嬉しいもんだねぇ。
posted by 佐々木大悟 at 21:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

秋春制は「厚かましい話」

ヨルダン、シリアと苦しみましたが、
何とかアジアカップは決勝トーナメント進出。
ホッとしたというか、何というか、
サウジ相手に無双できるなんて思いもしなかった。

さて、代表選手のオフに絡んで
秋春制論者が少しずつ騒がしくなってますが、
ここいらで釘を刺しておきましょう。

続きを読む
posted by 佐々木大悟 at 01:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

対戦したという事実の記録

人事関係は落ち着いてからまた書くとして、
今日はふと気になって調べた記録のお話。

続きを読む
タグ:J2 横浜FC
posted by 佐々木大悟 at 21:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

全てをかけて

いつの間にか、YouTubeにこんなものが。



この他にも様々なチャントがアップされてるので、
今年から観戦する方はご参考にされるとよろしいかと。

さて、閑話休題。
posted by 佐々木大悟 at 03:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

2011年0月14日:いつの間にか

タイトルについてる変な日付は
ワタシの気分的なものなので、
どうぞ気にせずに(経緯はこちら)。

選手の去就に気を揉む季節になってしまいました。
今年をベースに積み上げを図るのかな?
と思っていたので、
横浜を去る選手が多くなったのは意外でした。

続きを読む
posted by 佐々木大悟 at 02:59| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

溜飲

vsCHIBA.jpg
メインスタンド以外はほぼ満員でした。

ワタシ、京浜東北線で通勤しているわけですが、
電車の中でジェフのCM映像が流れるんですよ。
それも横浜の失点シーンが何度も。

悔しいったらありゃしないんですが、
フクアリの敗戦で
さんざん素材を提供しちゃったんですから、まあ当然。

これで臍をかむ思いから解放される。
今日の勝利もあの日の敗戦があった上にある。
あの時よりは確実に強くなっている。
ワタシ自身もかくありたい。
posted by 佐々木大悟 at 02:02| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

カズダンス!


富山戦、行きたかったなぁ。
あれだけ沢山の人を沸かせ、喜ばせる。
すごい43歳だ。

カズが活躍すると、
他の選手の頑張りがメディア上で霞んじゃうのが
個人的には痛し痒しというところでもあります。

横浜としては、負傷を抱える高地・寺田抜きで
大勝できたというのが大きい。
遅まきながらチームとしての戦い方の
熟成が順調に進んでいるってコトですから。

あとはメディアの視線が集まったタイミングで
6位浮上というのも、
来季のスポンサー対策としては悪くない。

昇格と言う奇跡を手にするには
ライバルも苦戦する強敵に勝ち続けるしかない。
ならば次の甲府戦もまた正念場。ギリギリです。

BGM:
Blueprint




おはぎ


posted by 佐々木大悟 at 02:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

夏の終わり

fiat.jpg

敗戦後の三ツ沢に佇むFIATの影が長かった。

何だかんだで横浜が好調だった今年の夏。
けど、それは単に「調子が良かった」だけで
本当に強かったわけではないのかもしれない。

あえて諦める必要はないだろうけど、
勝点差13は現実的に考えて、かなり重い。

負けられない試合に負けたこの日、
横浜の夏は終わった。

今日の熊本戦からは収穫の季節。
来季の豊かな実りを得るために
種を沢山集められるだろうか。
posted by 佐々木大悟 at 13:15| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

結果と危うさと

RIMG0001[1].jpg

40分を迎える頃、横浜は決定的なピンチを迎えた。

幸いヴェルディのシュートは
クロスバーに弾かれて、失点を免れる。
しかしながら、直後のプレイでシュナ潤が負傷する。

その時間帯は横浜の集中が途切れかけたのだろうか。
少なくともワタシにはそう感じられた。
その代償はいかばかりか。
1週間後の三ツ沢にシュナ潤が無事戻ってくることを
切に願う。

続きを読む
posted by 佐々木大悟 at 01:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

天皇杯2回戦

ようやく富山に初勝利。
去年の遠征では散々な目にあっただけに、
個人的には溜飲の下る結果。

続きを読む
posted by 佐々木大悟 at 02:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする